ESCO2N Q&A


1.ESCONの製品の目的(目的機能、適用対象)

2.ESCONの製品の概要

親水性バインダで毛細管保水性骨材を骨材同士が密接するように結合した板状の保水性不燃・蒸散冷却促進層と、断熱板が積層されたパネル。蒸散冷却促進層は、粟おこし状のマクロ構造で毛細管連続構造(保水性骨材の有する揚水力の高い極細毛細管(平均φ0.1〜1μm)が、板状の蒸散冷却促進層内全体に三次元に連続した部分)と、非毛細管空隙構造(保水性骨材間の透水・透湿空隙)を持っていることが、他にない新しい特徴です。
現状の製品規格は、こちらをご覧ください。



 図−@ 施工全体写真、及び、施工断面図



3.製品特性



4.蒸散冷却促進効果(湿潤時)


  ・屋根面効果評価結果(大型冷蔵倉庫屋上:東京都)


5.防耐火認定

   国土交通大臣 屋根防火構造認定済(飛び火試験)DR-1058
   国土交通大臣 不燃材料認定済 NM-3175


6.耐凍結融解性

   こちらをご覧ください。


7.施工用接着剤強度と耐風圧性能

   こちらをご覧ください。


8.実績写真

   こちらをご覧ください。


9.施工方法




10.省エネ・電力削減

   こちらをご覧ください。


11.重点用途

  1)断熱改修に
    省エネ・省電力に
    防水層・建築物の寿命大幅延長に
    雨水の省エネ利用に
    病院、介護施設、学校、オフィス建築、福利厚生施設、
    コンクリート系戸建住宅、データセンター等の空調ビル
    工場、商業施設、など用途は多岐にわたります。

  2)猛暑・寒中対策に(年中省エネ・年中快適)
    暑くてやりきれない、底冷えがする、冷暖房の利きが悪い、遅い
    高齢者や体力低下が気になる方がいて、冷暖房の風を抑えたい・・・
    より安定した室内環境を創り出すために

     →建築躯体蓄熱(蓄冷)冷暖房への一歩として
      病院、介護施設、学校、低層オフィス建築、
      コンクリート系戸建住宅、陸屋根アパート、
      福利厚生施設、など、陸屋根建築

  3)ヒートアイランド対策の決め手の一つに
    ヒートアイランド化の原因には、人口廃熱の増加、
    人工物による吸熱・蓄熱・放射、
    夜間放熱、人工化による潜熱冷却機能の低下などが挙げられていますが、
    ESCONシステムは、外断熱・潜熱冷却・低蓄熱の効果で、
    ヒートアイランド対策に大きく貢献できると考えられます。
    (海水化学工業のヒートアイランド対策メニューはこちらをご覧ください。)
    私達は、ヒートアイランド対策では、夏季のみの遮熱効果を目的とした
    システムではなく通年を通した省エネ・省電力・環境改善効果を考えて、
    対策を進めることが大切だと考えています。

  4)労働環境条件の改善・生産性向上に

  5)その他

製造販売元

海水化学工業株式会社
環境バイオ・システム事業部

〒747-0026 山口県防府市緑町1丁目10-20-1101
TEL 0835-22-8105 FAX 0835-22-1175


お問い合わせはこちら