ESGreen−NEO Q&A

1. 省メンテナンス?
 ESGreen−NEOでは,芝の均整化矮化現象を利用し,多数の実証試験の繰り返しにより,長期安定成育と均整化矮化被覆の最適域を見出しESGボードを産み出しました。

 更に,難分解性の杉・桧樹皮発酵処理物と保水性火山砂礫等を用いることで,徒長を防ぐと共に,安定した成長と被覆を確保し,省メンテナンスを実現することができました。

  省メンテナンス化は,芝面品質,繊密さ,擦り切れ・衰退防止,根詰まり・マット化(豆知識参照)による衰退の防止などの芝面の長期安定性,省エネルギー性,防水層劣化防止力の向上などと二律背反とも言える関係にあり,これを乗り越えるには,基礎理論,自然現象観察研究と実証試験によるイノベーションが必要でした。

《豆知識》 馴化と均整化・矮化(順化,順応,ハードニング)
新グレードNEOは,なぜメンテナンス費用が軽減できるのでしょうか。
少し専門的になりますが,実は皆様が何気なく見ておられる植物生理の基本的な現象を利用したものなのです。
アスファルト目地の狭い間隙に喰いこんで,そのまわりのアスファルトの表面に見事に被覆を拡げてゆくコウライ芝は,実にたくましく,しかも矮化(直立茎や葉が短く,節間も小さくなる現象)して,刈り込みの必要もなくなって,長期にわたり密に被覆ができています。
 コウライ芝は,狭い間隙から吸収した水や養分を,アスファルトやコンクリート面の被覆拡大部に供給し,全体として(均整化)形を矮化することで,厳しい環境に耐えながらも,被覆を拡大してゆくのです。植物の馴化現象とは,乾燥,低養分,高低温,塩類濃度,踏圧,低日照などの環境ストレスに対して,植物が生存をかけて変化してゆくことです。馴化とは,「悪環境に移されることによって鈍った活動を改善するような変化」を意味し,移動の出来ない植物にとって非常に大きい要素です。
 馴化は,コウライ芝で見られる矮化(形態的変化)もその一つで,一方環境ストレスに応答して,適合溶質と呼ばれるストレス耐性を強化する組織内物質の産出や,植物ホルモン組成の変更も馴化現象です。このような現象は,広く植物全般で見られるものです。しかし,急激な落差の大きいストレスでは,植物は応答しきれず,衰退してしまうことが多いのです。
 「ストレスの影響を最小限にとどめて生命を維持するような諸反応,すなわち短期的には代謝過程,長期的には形態の変化などを誘発する。特に,水不足,栄養塩や酸素の欠乏は,同化産物の分配,シュートと根の成長の比率の変化などをもたらし,ストレスには,個体全体が応答する」 とされています。

ESGreen−NEOグレードの開発に当たっては,低メンテナンス状態での耐性を付与する方法について検討を重ね,植生基盤の深い「根域確保部」(生育安定化部)いわば「基地」部と,植生基盤が薄く,平坦な「被覆拡大部」いわば制空権域を適度な比率で併存させ,馴化,均整化を起こさせます。芝の全体的被覆を確保しつつ,適度な矮化を起こさせることで,刈り込み,施肥,灌水量等を低減させることができる構造となっています。また,静菌力を持った,難分解性植生基盤材と有用微生物の組み合わせも含めて開発,実証試験に成功し,ESGreenシステムの新グレードとして発売したものです。

(*1)W.Lancher,佐伯敏郎,「生物生態生理学」p233〜,シュプリンガー・フェアラーク東京梶i1999)
(*2)種生物学会,村岡・可知編,「光と水と植物のかたち(植物生理生態学入門)」兜カ一総合出版,p19〜(2003)他

《豆知識》 根詰まり,マット化
 根やほふく茎が,過度に密集し,新しい根やほふく茎の成長が阻害され,被覆が衰退してゆくこと。

 野菜づくりと同じ様な感覚で,過剰な養分や過度の成長促進成分を有した植生基盤を用いて,根や葉やほふく茎を急速且つ過度に成長させたり(「徒長」)植生基盤が薄すぎ(例えば,30mm以下)たりすると,植生基盤内に根やほふく茎が密集し,その為,継続的な根やほふく茎の発生,成長が阻害され,衰退して,被覆率が低下してゆき,雑草も繁茂しやすくなります。

 一旦,このような状態になると,平地の場合は,コアリング(穴開け),バーティカルカット(切り刻み,間引き),スパイキングなどの更新作業によって改善できますが,屋上では,不可能です。従って,回復の方法がありません。

 この為,ESGreen−NEOでは,
@更新成長確保部分と,ストレスのかかったほふく茎展開部分を分け,適切な比率とし,均整化・矮化により,過度の成長を抑えつつ,被覆密度を向上維持させる
A難分解性植生基盤を用い,過剰養分状態にならないようにする(養分の安定化)工夫により根詰まり・マット化を予防しています。
〔初期1−3年に大変良く育つ土壌は,水溶性成分(肥養分,成長促進成分)を多く持ち,逆に経時的に急速に貧土状態となり,植物に急激なストレスを加え,結果として,芝等の被覆面の衰退,雑草の繁茂をもたらします。コーヒー豆が,最初は良くコーヒーが抽出できても,急に抽出できなくなり,コーヒーカスになってしまうのと似ていると言っていいでしょう。〕

製造販売元

海水化学工業株式会社
環境バイオ・システム事業部

〒747-0833 山口県防府市浜方535
TEL 0835-22-8105 FAX 0835-22-1175


お問い合わせはこちら